時代に逆行か、最先端「ウィンチェスター」レバーアクション

「フルオート万歳!」な昨今のトイガン界。なんやかやで、レバーアクション長物は生き残っている。 「西部を開拓した銃」ウィンチェスター・ライフルが代表格だ。 銃のレシーバーの下に位置する、デカいレバーを下に引いて、装填と排莢

Read more

一世紀前の伝説、モーゼル大型拳銃のカスタムモデルとウォーターガン

最近、モーゼルが元気いい。 サブマシンガンぎりぎりのでかさを持つ、世界で初めてマシンピストルとして成功したあのモーゼルだ。 トイガン界で、一味違うモデルが連続で発表されている。 「世界初」の自動拳銃。一世紀以上たったモデ

Read more

隠れた実力者、H&K『USP』シリーズ。

銀幕でおなじみの銃。 実はひそかに、ヘッケラー&コック(略称H&K)のハンドガンが人気なのはご存じだろうか。 MP5Kというサブマシンガンは、メディアでも頻発に登場しているから知っている方も多いと思うが。ハンドガ

Read more

ミニマムな暴れん坊『イングラムM10、M11』

80年代。筋肉の鎧に身をまとい、圧倒的火力で敵を葬り去るヒーローが百花繚乱だった。 彼らの手に握られるのは、「片手で撃つことは不可能。」巨大なM60。ウージーサブマシンガン。そして、最小でもイングラムと、派手な花火を上げ

Read more

世界最強のシックスガン S&W M500

30オーバー、もしくは40前後の世代。 その時代直撃な「刑事」銃と言えば? 45オート?ベレッタ?いや、そんな豆鉄砲じゃない。 男だったら「マグナム」だろう、もちろん「世界最強」の。 というわけで、『ダーティーハリー』の

Read more

愛しの刑事銃、M59とM645。オールドスタイルS&Wオート。

これぞコップ・ガン!というと何を思い浮かべるだろうか? ベレッタM92F?グロックシリーズ? 双方とも、主役格の刑事の手にしかと握られているのは確かだ。 特に、M92Fシリーズは、映画『ダイ・ハード』『リーサルウェポン』

Read more

西部の香りが漂うショットガン、ウィンチェスターM1887

男ならだれでもあこがれるショットガン。近距離防御不可な最強イメージは、まさに「力」の象徴。 今でこそ、レミントンM870に代表される「撃鉄が中に内蔵され、銃身下のポンプを引いて装填する」形が一般的だが、黎明期はそうではな

Read more

不滅のリボルバー S&W M10

「永遠の名銃とは何か? 」 その問いに対して、こう答える方は多いのではないだろうか。 「コルトM1911」 コルト45オート。ガバメントなど、様々な通り名を受けるかの銃。しかも、いまなお進化を続けている。文字通りに191

Read more

ベレッタM92Fを伝説にしたストーリー

外見より中身、男、いや、女ならハートで勝負! 時々耳にする言葉かもしれない。しかし、スタイルがスペックを上回るといったこともままある。その良い例がベレッタM92Fだ。

Read more

帰ってきた七人「マグニフィセント・セブン」- クロサワ映画と西部劇

世界中からリスペクトされている黒澤明監督。何せ、やっと北野武の40年前に、世界的監督のあかしである金獅子賞を取った。いわば、日本で初めて、世界に通用する英雄としてはばたいた。 その作品がワールドワイドなのは、例えば西部劇

Read more