ブラックホークは昭和の香り。『ドーベルマン刑事』

スタームルガー・ニュースーパー・ブラックホーク。 「西部を征服した銃」。アメリカを代表する銃である、コルト・シングルアクション・アーミーの進化した形。 まず「男だったらタダの拳銃弾には興味ありません」とばかりに、マグナム

続きを読む

ポケットの中のベレッタ。ウエスタンアームズM1934、M84F

エアソフトガンメーカー、ウエスタンアームズといえば、コルトM1911と同じぐらいベレッタM92Fが代名詞になっているのではないだろうか。 『ダイ・ハード』『男たちの挽歌』はては『魔法少女まどか☆マギカ』バージョンまで、そ

続きを読む

次元大介特選オート。シグ・ザウエルP229

2019年1月に放送されたルパン三世TVスペシャル『グッバイ・パートナー』。 後半のド級の展開に加えて、今回は「次元が裏切る」という前代未聞の事件が起きた。それを暗喩するように、次元の手に握られていたのは、「リボルバー」

続きを読む

チーフスペシャル正統進化、S&W M360

永遠の小型護身用リボルバーの傑作、S&WM36。 冒険小説の傑作『深夜プラスワン』。アル中ガンマンハーヴェイの愛銃 映画『ダイハード』シリーズで幾度となくマクレーン刑事の危機を救ってきた名銃。 実際に、日本をは

続きを読む

セクシーでキュートなショットガン。マルゼンCA870ブルドッグ

ショットガンの皮を被ったスナイパーライフル。マルゼンCA870。そのシリーズに、新たな仲間が増えた。 その名も「ブルドッグ」 その新たなる姿、早速見ていこう。

続きを読む

時代に逆行か、最先端「ウィンチェスター」レバーアクション

「フルオート万歳!」な昨今のトイガン界。なんやかやで、レバーアクション長物は生き残っている。 「西部を開拓した銃」ウィンチェスター・ライフルが代表格だ。 銃のレシーバーの下に位置する、デカいレバーを下に引いて、装填と排莢

続きを読む

リーズナブルに手に入る「シティハンター」冴羽 獠の愛銃 – クラウン・パイソン

TMネットワーク渾身の主題歌、『GET WILD』を引っ提げて、『シティハンター』が帰ってきた。 しかも、劇場版。その名も『新宿プライベート・アイズ』だ! もちろん、ストーリーも完全新作! 今回も、もちろん美女。そしてド

続きを読む

物語、語る銃。YURI CUSTOM WORKS

小道具は、世界観どころか、その使い手の性格まで物語る。特に、「自分の命をかける武器」なら。 例えば、永遠の名作冒険小説、『深夜プラスワン』 アル中のガンマン、ハーヴェイの愛銃は、M36チーフスペシャル。相方のルイスは「五

続きを読む

ショットガンスナイパー?マルゼンCA870とその周辺

マルゼンのCA870が、サバゲー愛好家たちの間で、名銃に謳われているのは揺るぎのない事実だ。 レミントンM870をイメージしてデザインされたらしいソードオフのショットガンスタイル。しかし、その下に付くボックスマガジンは、

続きを読む

リアルトイガンの極限、KSC

「リアル」なトイガンは? と言う問いに対しては、このメーカーを挙げられる。 KSC。名門トイガンメーカーMGCの血を引くメーカーだ。 「実銃へのこだわり」を挙げると、日本でこのメーカーの右に出るものはいない。今回はKSC

続きを読む