カテゴリー別アーカイブ: 銃器

コルトを卒業したユージ?リボルバーを卒業したタカ? – 『あぶない刑事』最近の銃トレンド

今回は、ユージの最新銃トレンドから入る。というのは、最新作、劇場版第六作『まだまだあぶない刑事』で、ユージの銃が大幅に変わった。

というのはローマンにパイソン、そしてキングコブラと、コルトのリボルバーを愛用していたユージが、なんとS&Wに移行した。しかも、M586だ。M586というと、かつてタカが愛用していたS&W社最高の357マグナムリボルバーじゃないか!?さらに、これは携帯用コンバットガン「キャリーコンプ」風。カスタムされまくっている。すっぴんのM586とは別物のイメージすら漂う。

ベースガンは、MGCのM586。しかも、かのFBIもお墨付きをした銃身長、3インチモデルだ。さらにフロントサイト形状も、大型化されており、シリンダーを出す時に押すサムピースも、小型で使いやすい形状に変えてある。一番目立つのは、銃口先端に溝のようにうがたれている穴。これは、マグナポートと呼ばれる。発射時に出すガスを、銃身上に放出。反動を抑えようとする仕様で、カスタムガンではよく見られる。

しかも、グリップは、ホーグ社風のラバーグリップを装備。つまり、反動を吸収しやすいということだ。ただでさえ反動が強い357マグナム、しかも、軽くて反動がもろにくるスナッブノーズの手綱をさばきやすくするための工夫が、ぎゅっと詰まっている。
S&W社が直接カスタムを手がけた「パフォーマンス・センター」の「パワーポートカスタム」の再現なのだが、「いまどき」のリボルバーカスタムのスタイルとなっている。

あぶ刑事ファンでも、いや、リボルバーファンなら垂涎のカスタム。しかし、トイガンとしてはリリースされていない。かつてMGCから「キャリーコンプカスタム」として、限定品で出ていた。

続きを読む コルトを卒業したユージ?リボルバーを卒業したタカ? – 『あぶない刑事』最近の銃トレンド

ユージの右手のカノジョ。その変遷 -『あぶない刑事』ユージの愛銃編

お騒がせの『あぶない刑事』劇場版が、2015年に満を持して出現。しかも、タイトルは『さらば、あぶない刑事』。つまり、最終回か!?というわけで、今回も、またまたあぶない刑事、今度はユージ編としゃれこもう。

タカさんとくればユージ、 柴田恭兵演じる大下勇次の愛銃は、けっこう変わってきている。

TVシリーズ第一期『あぶない刑事』・劇場版第一作『あぶない刑事』劇場版第二作『またまたあぶない刑事』
→コルト・ローマン(旧型)

TVシリーズ第二期『もっとあぶない刑事』劇場版第三作『もっともあぶない刑事』
→コルト・パイソン2.5インチ

劇場版第四作『あぶない刑事リターンズ』・TVスペシャルおよび劇場版第五作『あぶない刑事フォーエバー』
→コルト・キングコブラ

と、いう具合に、ユージはどうもコルト党らしい。しかも、軽快なスナブノーズ派。なるほど、軽やかに踊るように銃撃戦をこなすユージ。ジョークとともに放たれる銃弾。軽快でフットワークが効くユージには、スナブノーズがふさわしい。しかも、S&Wより曲線が多く、グラマラスなコルトリボルバー。刑事ドラマで古顔となっているローマンでさえ、ユージの手にかかると、イメージががらりと変わり、おしゃれになるから不思議だ。

続きを読む ユージの右手のカノジョ。その変遷 -『あぶない刑事』ユージの愛銃編

手の中でよみがえる記憶。あぶない刑事、鷹山の銃 – S&W M586

始まりは1986年のTVドラマ『あぶない刑事』。そして1988年の『もっとあぶない刑事』。その後次々新作が作られ、劇場版は2005年の『まだまだあぶない刑事』で6作。

そして、2016年の映画で『さらば、あぶない刑事』で7作。1980年代後半にノベライズ版を回し読み、図書館のぼろぼろになった『あぶない刑事』のムックを読み、そして「タカ!タカ!ウェイクアップ!」と物まねをしたりした、あの物語がついに最終回に。

名残は惜しいが、その勢いを、今回はぶつけてみる。

続きを読む 手の中でよみがえる記憶。あぶない刑事、鷹山の銃 – S&W M586

今時のマグナム – IMI デザートイーグル

「マグナム」というと、連想する銃で、はっきりとおっさんか、そうでないか分かってしまうのではないだろうか。70年代、ガキ世代だったおっさんなら、バカでかいリボルバー。そして今の世代なら、オートマテック・マグナムの『デザートイーグル』だ。

そう、デザートイーグルというのは、「マグナム・オート」に革命をもたらした。マグナム弾がオートで撃てる。というのは、おそらく有史以前からの漢の夢、というのは、いくらなんでもオーバーだけど、やはり銃に関わるものにとって、捨てがたい夢なのだろう。実際に、オートマグを皮切りとして、「ウィルディ」「グリズリー・ウィン・マグ」など、ちょこちょこ銃砲史に登場している。

しかし、デザートイーグル以前では、作動不良が多く、特に、オートマグは、「オートジャム」(ジャム=弾詰まり)とあだ名をもらうほどだった。というのが、みなさんはとっくにお気づきになっているかもしれないが、マグナムはリボルバーが多い。その理由は、構造が単純で、その分壊れにくく、強化しやすいからだ。

しかし、オートではこうはいかない。何せ、銃の上半分のスライドが後退し、なおかつ薬莢をはじき出し、スライドが戻って、次の弾を装填する。映画なんかではごく当たり前に目にするオートの発砲シーンだが、文字にすると、リボルバーと比べて複雑な作動をしているのがわかる。となると、当然、リボルバーに比べ、オートマティックの方が、部品点数は多くなる。部品が細かくなると、マグナムの強烈な反動に耐えられる強度が確保できない。

さらに、マグナムという特別強力な弾に対応するため、発射時に対応する高圧ガスに対応するために、同じく強力な弾を使う自動ライフルと同じ、ガス・オペレーション・システムを入れるのが一般的。だから、不必要に大きくなったり、機構が複雑化したりして、いわゆる「まともに撃てる」マグナム・オートは作るのが難しかった。

続きを読む 今時のマグナム – IMI デザートイーグル

進撃を続ける小さな巨人 S&W チーフスペシャルとその周辺

今回はスナブノーズ・リボルバーの代名詞ともなったチーフスペシャルの話をしたい。

誰の心にも「聖域」と言うものがある。そして、ガンマニアなら、「聖銃」という領域のものがある。私の場合、スナブノーズ・リボルバーも、その一つに含まれる。スナブノーズ・リボルバー、つまり、「獅子っ鼻のリボルバー」とは、文字通り銃身2インチぐらいの、極端に銃身が短いリボルバーのこと。

きわめて携帯・隠匿性が高いこの銃。刑事・スパイ、そして、宇宙海賊まで、スーツ、足首、袖の下など、「何ぞごとあったら」すっ、とその牙をむいて敢然と敵に立ち向かう。特に刑事もの。「日常性」の暗喩である、ノーマルのスーツから、すっと出てくる「非日常」に対処するために出てくる小さな巨人。

このアンバランスさが心地よかった。加えて、携帯電話を見ればわかるが、やはり持ち歩くのならより小型・軽量なものがいい。ましてや、銃なんて、当時は鉄の塊なのだ。腕の太さほどもある、巨大なリボルバーを振り回す名物刑事もいいが、このような「日常生活」のリアリティを感じさせるスナブノーズ・リボルバー。若い頃模型店でで手にした、S&W チーフスペシャルのステンレス版、M60。同系でブラックスチールモデルのM36があったが、M60の、小さく光る白銀は、まるでマグナムのように頼もしかった。実銃も、メンテナンスなしで撃ったとしてもへたれない。そんな噂も頼もしい。それがすべての始まりだった。

続きを読む 進撃を続ける小さな巨人 S&W チーフスペシャルとその周辺

クラシカルメカニカル – 今時の中折れ式リボルバー事情

前回から引き続いて、中折れ式リボルバーの話だ。というのは、エアガン界でも、なんと2013年、中折れ式リボルバーが発売されたのだ。しかも、業界初の「中折れ式」リボルバーとして!

このような酔狂なことが許されるのも、一つは銃についての好みが多様化してきたことも挙げられるだろうが、中折れ式リボルバーの人気が高まってきたということを、暗に示しているのではないだろうか?

と、その前に、前回の記事を読んでいない方のために、中折れ式リボルバーの説明を。

「中折れ式」っていうのは、一昔前のリボルバーの装填方式。フレームと銃身をつなぐジョイント部分を中心に、シリンダーごと銃身が前へ倒れる。その際に、くぱぁと開いたシリンダーに、排莢、装填ができるという寸法だ。

宮崎駿作品にも、『ラピュタ』のムスカ大佐はじめ、軍人。そして『名探偵ホームズ』と、ひょんなところで顔を出す。そう、くぱぁと開けたフレームから、シリンダーが覗く様は、まるでボンネットを開けて、内臓であるエンジンを見るような、メカニカルな楽しみがたまらない。

マイナーだけど「通」好みのイメージを与える。それが中折れ式リボルバーだ。

続きを読む クラシカルメカニカル – 今時の中折れ式リボルバー事情

「中折れ式」という快楽 – エンフィールドとその周辺

リボルバーの魅力は、「クラシカルな美学」というものがある。

「マシンガン並に撃てる多弾数オートが幅を利かせる中で、六連発」というか、「やっぱりいちいちシリンダー出して、一発ずつ弾を込める、あの感覚がたまらない。」というか。(リスペクト!リボルバーオセロット!)
時代を逆行した魅力が、リボルバーの魅力の一つであると思う。

そんな中でも、特にセピア色な、だけどそこが新しく感じるリボルバーを紹介しよう。

というと、「西部を征服した銃」ピースメーカーという直球王道なものがある。

が、しかし、「ローディングゲートを開けて、一発一発丹念に排莢・装填」
「撃鉄をいちいちあげるファニングの美学」
も、もちろん・・・痛いほどわかるが、今回はもう少しレトロモダン風味で・・・。

中折れ式リボルバーだ。
続きを読む 「中折れ式」という快楽 – エンフィールドとその周辺

『ダーティー・ハリー』とマグナムシンドローム – 銀幕のマグナムとのその周辺

「ダーティー・ハリーと、そのマグナム」が引き起こしたマグナム・ブームは、止まるところを知らなかった。マグナムを抱えた名物刑事、ヒーローの図は、様々な形でオマージュされた。

とりわけ有名なのが、チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』ではないだろうか?

主役のブロンソンは、今でも人気が高く、みうらじゅんと田口トモロヲの音楽ユニットに、「ブロンソンズ」なる名前が使われたり、みうら氏もリスペクトが高く『ブロンソンならこういうね』(ちくま書房)という本を出したりしている。

あらすじは次の通り。

「ただの変哲のない普通人。ポール・カージーを襲った悲劇。
妻と娘に囲まれて・・・というささやかな幸せは、まるで不慮の事故のように、三人組の強盗に殺されてしまう。

その日から、カージーの運命は変わり出す。最初は臆病に、通り魔的に「目についたチンピラ」をやってしまう。凶行の直後、彼は一気に吐き戻す。

このリアルさがなんとも言えない、『善良な小市民』の凶行のいたいたしさを醸し出している。しかし、回数を重ねるごとに、その手口は、だんだんと悪党処刑機械みたいになっていき・・・。結局、次々と町のダニどもを対峙していくカージーだったが、ついに敵に巡り合えることはなかった。

しかし、もはや彼には、そんなことはどうでもよかったのかもしれない。そう「悪党処刑人」としての使命に目覚めてしまったから・・・。ラストシーン、チンピラに向けられた狂気の笑顔に、もの悲しささえ感じる・・・。

続きを読む 『ダーティー・ハリー』とマグナムシンドローム – 銀幕のマグナムとのその周辺

「俺が今、六発撃ったか、五発か・・・。」 ダーティ・ハリーとその愛銃たち

今やすっかり、「マグナム」と言えば、デザートイーグルの図式が出来上がっている。あるいは、大ヒットしたホラー・ゲーム『バイオハザード』シリーズの最終兵器か?

しかし、「ヒーロー」=「マグナム」の図式を作ったのは、やはりクリント・イーストウッドではないのだろうか? 

1971年生まれの映画『ダーティ・ハリー』は、古き良き時代・・・男の生き方という言葉がキラキラと輝いていたころの、再びよみがえったカウボーイだった。どんな困難にも負けず、自分の美学を貫きとおすガンマン・・・。「フロンティア・スピリット」そんな言葉が、過去の遺物として忘れ去られようとしたときに、正統派の漢がよみがえったのだ・・・。彼のキャラクターこそが、アメリカをはじめ、世界中に受け入れられた大いなる要因だろう。しかも、彼の手には、「世界最強の銃」44マグナムがあった(トップの写真は.44マグナム弾を発射するスタームルガー社レッドホーク)。

ポンチョからスーツへ、そして、最新の装備でリメイクされたガンマンは、いまだに根強い人気を誇る。

続きを読む 「俺が今、六発撃ったか、五発か・・・。」 ダーティ・ハリーとその愛銃たち

ジョジョの奇妙な冒険 グイード・ミスタの銃の正体は?

名ガンマンと言うと、誰を思い出すだろうか。

ワイアット・アープ、クリント・イーストウッド演の『名無しのガンマン』、ルパン直撃世代なら次元大介、あるいはシティーハンター。こんな記事を見ていただいている皆様ならば、各自心に一人ぐらいの「心の師匠」=「ガンマン」を抱いているだろう。

その中に、「グイード・ミスタ」の名はあるだろうか?

続きを読む ジョジョの奇妙な冒険 グイード・ミスタの銃の正体は?