タグ別アーカイブ: 児童書

子どものためのアダルト本!?双葉社ジュニア文庫『ルパン三世』

あなたは『ルパン三世』をご存知だろうか?

もちろん、こんな記事を読んでいる時点で、ルパン三世を知らない、とは予想しがたい。
が、もしあなたがルパン初心者なら、福音となる一本が出た。

ルパン三世 五右ェ門登場編双葉社ジュニア文庫刊。そう、れっきとした児童書だ。

そもそも、出会った時から異色だった。でかい目でアニメ塗りな萌え萌え主人公。書店の児童書の棚が、彼、彼女たちであふれかえる中、原作者モンキーパンチの原画そのままの、クラシカルな劇画絵。このバタ臭い絵にひかれて購入するどころか、そっぽを向かれるマイナス要因となりかねないセンスに魅かれる。

一読してみてうならされる。

「こいつら、本気で勝負しているな。」

続きを読む 子どものためのアダルト本!?双葉社ジュニア文庫『ルパン三世』