ベレッタM92Fを伝説にしたストーリー

外見より中身、
男、いや、女ならハートで勝負!

時々耳にする言葉た。しかし、スタイルがスペックを上回るといったこともままある。その良い例がベレッタM92Fではないのだろうか。

ベレッタM92F。イタリアの名門ガンメーカーが生み出した最高傑作のひとつ。その実力は、アメリカ軍が正式採用していることからでも分かるだろう。

ドイツの銘銃。ワルサーP38をモダナイズしたような機構は、命中精度も高い。
ベレッタ・オートの代名詞的デザイン。スライド上部をガッツり削り取ったようなスタイルは、薬莢がつまることを未然に防いでいる。しかし、そのデザインのために、銃自体の強度を危ぶむ声もある。

また、グリップは、同じ多弾数オートであるブローニング・ハイパワーやCZ75のほうが握りやすい。そんなだから、トリガーもがくびきになりがち。

実際に『世界の銃ランキング』では、「あえてランキングから外した」と明言されている。

実際、ベレッタが信用できないから海兵隊は残ったM1911の部品をかき集め、MEUピストルを作った。

しかしそれでも「射撃場専門銃」との声もなんのその。カッコいいのが一番なんである。特に、実銃ではない、トイガンの世界では。オートとは思えない優雅な曲線美。リボルバーに匹敵するグラマー美人だ。

そして、ベレッタM92Fの名を不動のものにした映画。それが『男たちの挽歌』『ダイ・ハード』だろう。

もちろん、そのほかにもM92Fが大暴れする映画もある。
しかし、なぜあえてこの二作に絞るのか。
それが「エポックメイキング」だから。

香港映画の革命、『男たちの挽歌』

元祖二丁拳銃『男たちの挽歌』。それまでもはや西部劇の中でしかお目にかかれない「二丁拳銃」。
もはや骨董品でしかなかった、その曲芸を、しかしジョン・ウーはよみがえらせた。

それを現代オートのブローニング・ハイパワーと、そしてM92Fにシフト。ペキンバー監督の銃撃戦が「デス・バレエ」と呼ばれるごとく、美学漂う撃ち合い。
ダイナミックに演出される銃撃戦は、『リベリオン』そして『マトリックス』そして、『ブラックラグーン』。

延々と受け継がれている。

そして、この作品は、香港映画の革命となった。
何せ、それまで「カンフーアクション」。そしてその延長としての体をはった「コメディ」。この二系統しか、見るものがなかったかの世界の印象を一掃した。
「黒社会を舞台とするスタイリッシュ・アクション」というジャンルを切り開いた。

アクション映画の定義を変えた『ダイ・ハード』

また、もう一方で、『ダイ・ハード

アクション映画といえば「スタローン」か「シュワルツネッガー」か。己が肉体さえ「全身これ凶器」な筋肉怪人しか、そのスターにはなり得なかった。

しかし、『ダイ・ハード』は違う。
どこにでもいる普通のおっちゃん。いや、さえない方の部類に入るおっさんが、頭脳プレイで敵を倒していく。
「マッチョじゃなくても頭脳プレイを混ぜればイケる!」
そう考えた「アフター『ダイ・ハード』」。たとえば『スピード』の大ヒットなどを覚えておられる方も多いだろう。
これまた、以前と以後で、アクション映画の定義が変わる金字塔。
それが『ダイ・ハード』だった。
そして、ヒーローの活躍を彩る銃。それがベレッタM92Fだった。

『ダイ・ハード』『男たちの挽歌』モデルのベレッタM92F

もちろんこれも、ベレッタ専門(!?)メーカー。ウェスタンアームズが、伝説の二作にふさわしいベレッタを作っている。
すばり「ダイ・ハード」「男たちの挽歌」と堂々と銘打って発売されている。

これまで培われた機構、マグナ・ブローバックは安定した作動、さらに強いキックを保証する。
しかも、「バトルダメージバージョン」として、あちこち磨れた跡など、「汚し」加工をしている。
これがすごい。使い込んだダメージジーンズがおしゃれになるように、あえて「汚す」ことで、渋さが100倍は増している(当社比)
某リサイクルショップなどで、中古として並べられている「使い込んで汚い」とは違う。
「汚し」にも美学がある。ということを教えてくれる。
双方のファン、そしてM92Fフリークも、持っていて損はない。

ゲーム、そしてSF「ポリスノーツ」のM92F

そして、印象的な使われ方をしていたのが、アドベンチャーゲームの『ポリスノーツ』

この主人公、ジョナサン・イングラムが愛用しているのだが、彼というキャラクターを立たせるために効果的な使われ方をしている。

ちょっと長くなって申し訳ないが。彼の説明をすると、こうだ。

まず、彼は浦島太郎だ。
というのが、物語は2010年に、スペースコロニー「ビヨンド・コースト」を作り、そこに続々と移民。
その平和と秩序を守るため、世界選り抜きの警官(ポリス)を集め、宇宙飛行士(アストロノーツ)に仕立て上げた。
人々は、彼らを畏敬の念をもって、こう呼んだ。
「ポリスノーツ」と。

しかし、そのポリスノーツの一人、ジョナサン・イングラムがバーニア事故で危うく宇宙の果てに流されそうになる。
コールドスリープによる長期間の漂流の末、奇跡的に救助されたが、もはや時は25年間も経っていた。
この不幸なタイムスリップで、家族も財産も失ってしまった。
しかし、彼は、再びビヨンドに降り立つ。
ビヨンドを覆う陰謀を暴くために。そして、自分の過去への鎮魂として。

そして、彼が持っている銃が「ベレッタM92F」なのだが、この設定がいい。
「世界最後のリコイルガン」という立ち位置になっている。
つまり、彼のいる世界では、反動もきつく、現場に空薬莢などという証拠品を残していく「火薬銃」は時代遅れになっている。
そのかわり「無反動銃」リニアリコイルガンが主流になっている。
リアルタイムで最新鋭の拳銃を代表する「M92F」が、「過去の遺物」としてみなされるこの鮮やかな逆転!
これだけではない。ゲームも物語も「センスフル」で統一された逸品。
今でも記憶に残る方もおられる方もいるかも。
知ってるファンには懐かしみながら。そして、知らない人には、ぜひ一度触れてほしい名作。
『カウボーイ・ビバップ』以前にも「ビバップ」は行われていた!

特に、ジョナサン・イングラムは、M92Fの銃身下にレーザーサイトをつけているのが特徴。
で、現在、東京マルイベレッタ最新作「M9」には、このような装備をつけるためのレールがついている。

これとレーザーサイトを買って、よりなりきって『ポリスノーツ』に没入する。それがストーリーズガジェット的快楽だ。

ついでに、主人公二人の元ネタである『リーサル・ウェポン』もぜひ見てほしい。

これまた、ベレッタM92Fを有名にした大ヒット刑事シリーズ。
派手なドンパチ。カーチェイス。爆弾解体。そして何よりも「刑事魂」を持つ男たちの熱い友情。それを秘めた軽快なトーク。
安心して鑑賞できるデカ映画の王道だ。

おすすめするトイガンM92F

閑話休題。「ベレッタM92F作らねばトイガン屋にあらず。」な状況が続いている。
しかし、初心者には、東京マルイのベレッタを超えるものはできていないのではないだろうか?
命中精度、タフさ。そしてコストパフォーマンスという三拍子そろった抜群さだ。

中古品で買っても、まず安心して使える。私なんか油をさしただけで直ったこともある。
また、他社のそれが二万、三万するのに対し、場所によっては1万円前後で買える。
そして、その知名度の高さから、ディスカウントショップにでも置いてあるのも強みだ。
東京マルイ本社がうたっている「すべての技術を注ぎ込んだ」という言葉にふさわしいハイパフォーマンス。非の打ちどころがない。
初心者にも、ベテランにも安心しておすすめできる逸品だ。

というわけで、銀幕のスター。ベレッタM92Fに焦点を当ててきたが、いかがだったろうか?
今、それでもポリマーフレームオートがあふれ、メディアに出てくるガンもそれに押されがち。
しかし、時を経てそれが「貫禄」を感じさせる銃といえば、ベレッタM92Fが真っ先に上がるだろう。
少しばかり「オッサン銃」で渋みを増したベレッタ。
それを片手に、80年後半の名作に浸るというのも、いいのではないだろうか。