別次元グリップ、ベレッタM92バーテック

ベレッタ、しかもM92。 アニメ『ブラック・ラグーン』 映画『男たちの挽歌』 ゲーム『バイオハザード』 その他「とにかくベレッタさえ出しておけばOK」な流れは、今でも止まらない。 リアルでも米軍採用というお墨付き。 みん

続きを読む

キュートな相棒、コルト25オート

トイガン界で、最近めったに見かけなくなったもの。 リボルバー、特にカート式のものなんか、顕著なんだけど、それより上の絶滅危惧種として「ポケットオート」が挙げられるだろう。 「ポケットオート」 世界一有名なスパイ、ジェーム

続きを読む

究極シングルアクションアーミー。コルト×タナカ×サンケン『バードヘッドSAA』

ピースメーカー。 またの名をSAA。 「西部を征服した銃」の二つ名にふさわしく、シリンダーがフレームに組み込まれ一体化している構造は、砂塵や泥などに抜群の耐久性能を示した。 おかげで、「中折れ式」のS&Wが、一

続きを読む

シルベスター・スタローンとM1911

君は見たか。 『ランボー ラスト・ブラッド』を! そこには、国家の思念も、陰謀も何もない! 描かれるのは、たった一人の漢の愛っ! そして、凄惨なリンチシーン! 敵にも、そしてランボー自身にも襲い掛かる容赦ない暴力。 暴力

続きを読む

タナカ+『シティハンター』夢のコラボ! パイソン冴羽獠モデル

『シティハンター』と言えば、コルトパイソン。 オープニングで、これが火を噴き、ヘリが毎回撃墜されるのを見て「パイソン」って、冴羽獠が持つと、対戦車ライフル並みの威力を発揮するんだー」とドリーミィな妄想に浸っていた人もいる

続きを読む

ルパン三世最大のヴィラン!?『魔術師と呼ばれた男』と『ベレッタM1934』

『ルパン三世』である。しかもファーストである。 ノワールでハードボイルドな世界が、当時の子どもたちに直撃したのである。 今でこそ『カウボーイビバップ』のように「お子様お断り」みたいなアニメが、普通のラインナップとして出て

続きを読む

『ルパン三世』を彩る名優。『ルガーP08』

ルパンと言えば、「ワルサーP38」 TVシリーズの主題歌にまで織り込まれ、ルパン三世の生誕30周年記念に作られたTVスペシャルさえ『ワルサーP38』というタイトル。 しかし、同時に、ルパン作品と言えば、ルガーP08の印象

続きを読む

チーフスペシャル異端!S&W M40センチニアル

小型リボルバー。通称スナブノーズの代名詞と言えば、S&WのM36。通称チーフスペシャルだ。 ケータイ並みに場所を取らず隠し持て、しかも確実に作動することから、1950年以来、現在までずっと生産されていることが、

続きを読む

ポリマーオートの革命!グロックシリーズ

グロック。 それはオートの革命。 現在のオートは、どんどんポリマーフレーム。つまりプラスチックのフレームのピストルが市場に快進撃を続けている。 その皮切りは、やはり「グロック17」だろう。 その登場時から、異色だったグロ

続きを読む

良い実写化ってのは、こういうこと。『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』

人気タイトルのノベライズ、ゲーム化と同じく、「人気コミック」の実写版、というのは鬼門だ。しかも実写映画となると、もう絵面からして「コレジャナイ」感が満載のハズレを引くことがある。 しかも、今回のタイトルは『シティーハンタ

続きを読む