トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

『SF』+『ウエスタン』

語感からして、レトロフューチャーなこのガジェット。古くから『コブラ』、松本零士のSF短編群。ひょっとすると、今快調にヒットを飛ばしている『ハン・ソロ』。
なんのしがらみもない、アウトローが、「自由」のために立ちあがる。
これこそは、数々のウエスタン・ヒーローたる行動原理。

「ホースオペラ」が「ウマが出てくる」西部劇ならば、馬の代わりに「宇宙船」が出てくる「スペースオペラ」という名にふさわしい。
かように、その命脈を消さないSFウエスタン。
トライガン』(内藤泰弘/少年画報社)も、ジャパニーズSFウエスタンを代表する作品であることは、異論はないと思われる。

アニメ版、原作版。そして劇場版と、様々な展開がリリースされているが、主人公が「強いくせに」極端なヘタレに見える、その矛盾した個性にがっちりハートをキャッチされた方も多いだろう。

そして、もう一つ。彼と言えばこれだ。『ヴァッシュの銃』。

続きを読む トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

一世紀前の伝説、モーゼル大型拳銃のカスタムモデルとウォーターガン

最近、モーゼルが元気いい。
サブマシンガンぎりぎりのでかさを持つ、世界で初めてマシンピストルとして成功したあのモーゼルだ。
トイガン界で、一味違うモデルが連続で発表されている。

「世界初」の自動拳銃。一世紀以上たったモデルだというのに、唯一無二のスタイリング。そのカリスマ性が、現れているといえよう。それでは、リリースされている目玉商品を見ていこう。

続きを読む 一世紀前の伝説、モーゼル大型拳銃のカスタムモデルとウォーターガン

隠れた実力者、H&K『USP』シリーズ。

銀幕でおなじみの銃。
実はひそかに、ヘッケラー&コック(略称H&K)のハンドガンが人気なのはご存じだろうか。
MP5Kというサブマシンガンは、メディアでも頻発に登場しているから知っている方も多いと思うが。ハンドガンにも力を入れている。
例えば、ドラマ『24』では、ジャック・バウアーの愛銃として、USPコンパクトが。


あるいは、ゲーム『メタルギア』シリーズでも、ソーコムピストルが使われていたりする。


しかしその陰には、珍銃も多い愛すべきメーカー。それがH&Kだ。早速、その魅力について書いていこう。

続きを読む 隠れた実力者、H&K『USP』シリーズ。

ミニマムな暴れん坊『イングラムM10、M11』

80年代。筋肉の鎧に身をまとい、圧倒的火力で敵を葬り去るヒーローが百花繚乱だった。
彼らの手に握られるのは、「片手で撃つことは不可能。」巨大なM60。ウージーサブマシンガン。そして、最小でもイングラムと、派手な花火を上げる火器満載だった。

その中でも、初めて見た方は、巨大なマシンガンぐらいインパクトがあったのではないだろうか。
ちっちゃな最終兵器。イングラムシリーズについて、取り上げる。

続きを読む ミニマムな暴れん坊『イングラムM10、M11』

「バリストールユニバーサルオイル」ワンランク上のガンメンテナンス

発火を楽しむ。精巧なメカニズムを味わう。
モデルガンの楽しみは、多数挙げられるだろうけど、意外なところで「メンテナンスをする楽しみ」を上げる方もおられるだろう。

古今東西、『拳銃稼業』を描いた物語には、必ず銃を分解して掃除するシーンが出てくる。
大藪春彦の小説群。読んでいるだけでマシン油で手が真っ黒になりそうな描写をはじめとして。
イブ・モンタン主演、『真夜中の刑事』では、主人公の愛銃、パイソン357の分解シーンから始まるのも、ガンアクション映画史、忘れられない名シーン。

あるいは、漫画『シティーハンター』でも、頻繁に銃のクリーニングシーンが出てきて、それが日常会話というシチュエーションに溶け込んでいる。そう、「心はいつもガンスリンガー」なら、愛銃の手入れは、ただ「掃除」になっているわけがない。
それは、飯を食う。呼吸する。などと同じく、日常の風景と化してなければいけない。
まるで音楽や映画を鑑賞するように、分解しながら、部品の構成の妙を、愛銃の美しさを再認識する。クリーニングは儀式であり日常であり、そして「快楽」だ。

そして、せっかくのひと時。ほんの少し贅沢を、歴史のあるオイルで味わってみるのも良いだろう。
ユニバーサルオイル『バリストール』、今回ご紹介する逸品だ。


続きを読む 「バリストールユニバーサルオイル」ワンランク上のガンメンテナンス

さらばコクサイ。次元の愛銃よ永遠に

2018年1月31日。伝説が一つ消えた。
伝説の名は「コクサイ」。日本のトイガン史上に「リボルバーのコクサイ」として名を刻んだメーカーだ。

それが業務を停止した。

これは、数々の試行錯誤が楽しめたエアガン成長期を体験したものにとって、どれほどの悲報だろうか。
というわけで、今回はコクサイ。特にM19。そう、「次元大介の相棒」な彼、についてお話を進める。

続きを読む さらばコクサイ。次元の愛銃よ永遠に

「押井守はこう考える」最新にて総括!『凡人として生きるということ。』

今やかの人が監督した『攻殻機動隊』がハリウッド実写化。
すっかりジャパニメーションを代表する第一人者となった押井氏。
実は、文筆業の方もますます盛んになっている。

特に、そのエッセイ。
世界の半分を怒らせる』(幻冬舎) 『友達はいらない』(テレビブロス新書) 『コミュニケーションはいらない』(幻冬舎新書)など、過激なタイトルが最近の傾向だ。

この常識に真っ向から挑戦するエッセイ群の中、押井守初心者にお勧めなのがこれだ。『凡人として生きるということ 』(押井守・著 幻冬舎新書)

続きを読む 「押井守はこう考える」最新にて総括!『凡人として生きるということ。』

世界最強のシックスガン S&W M500

30オーバー、もしくは40前後の世代。
その時代直撃な「刑事」銃と言えば?

45オート?ベレッタ?いや、そんな豆鉄砲じゃない。
男だったら「マグナム」だろう、もちろん「世界最強」の。

というわけで、『ダーティーハリー』のヒットを皮切りに、雨後のタケノコのようにマグナム片手の名物刑事が現れた。

続きを読む 世界最強のシックスガン S&W M500

愛しの刑事銃、M59とM645。オールドスタイルS&Wオート。

これぞコップ・ガン!というと何を思い浮かべるだろうか?
ベレッタM92F?グロックシリーズ?

双方とも、主役格の刑事の手にしかと握られているのは確かだ。
特に、M92Fシリーズは、映画『ダイ・ハード』『リーサルウェポン』各シリーズを皮切りに、刑事のデフォルトとして、銀幕での活躍が華々しい。

しかし、かつてベレッタに匹敵するように、コップ・ガンとして、破竹の勢いで多くのハートをわしづかみにした銃がある。
S&W M59、そしてM645を代表するS&Wのオートたちだ。

続きを読む 愛しの刑事銃、M59とM645。オールドスタイルS&Wオート。

西部の香りが漂うショットガン、ウィンチェスターM1887

男ならだれでもあこがれるショットガン。近距離防御不可な最強イメージは、まさに「力」の象徴。

今でこそ、レミントンM870に代表される「撃鉄が中に内蔵され、銃身下のポンプを引いて装填する」形が一般的だが、黎明期はそうではなかった。

様々な試行錯誤が見られる初期のショットガン。今回は特に、その基礎を作ったウィンチェスターM1887について取り上げよう。

続きを読む 西部の香りが漂うショットガン、ウィンチェスターM1887

ストーリーズガジェット – Something about stories