Kフレームリボルバー至高の一丁 タナカ・ストラウプPPCカスタム

2022年の3月に発表されたタナカ最新のKフレームリボルバー最新作、ストラウプPPCカスタム。 創刊400号を迎える、銃器専門誌アームズマガジン。 それを記念して、「リボルバー」と言えばこのメーカー、タナカワークスとタッ

続きを読む

36年ぶりの華麗な復活!ルパン三世ゲームブック『さらば愛しきハリウッド』復刻盤

次元大介の声も大塚氏に代わり、ミステリ風味の味付けも冴えに冴えている、『ルパン三世 PART6』 それに続くように、うれしいお知らせが。 ルパン三世ゲームブックシリーズ。栄えある一番初めの「The First」 『さらば

続きを読む

ハマでもっとも危険な男たちがついにフィギュア化、Figmaあぶない刑事!

満を持して、『あぶない刑事』フィギュア化! ファンとしては、どうして今まで出なかったんだろう、と、よだれモノで待っていた方も、たくさんおられたのではないだろうか! しかも、アクションフィギュアの雄、Figmaブランドとし

続きを読む

女神の名前は伊達じゃない!ミニ・へカートとへカートⅡ

大口径ライフル。 それは、男のロマン。 「対物」つまり「ヘリ」や「戦車」に対しては、バズーカや、ロケットランチャー全盛なこの世の中で、いかにも細身の「ライフル」で立ち向かおうという浪漫! もちろん、一撃必殺。外すと死が待

続きを読む

ポッター・イン・ザ・ハードレイン(銃弾の嵐!)。映画『ガンズ・アキンボ』

ボンクラ映画は好きですか? 「退屈な映画は、人生への考察を促す」のだそうが、そこいらのボンクラそうなお兄ちゃんやおねぇちゃんが、さらに頭悪そうなチンピラやタフガイに絡まれて、「人生最悪だ」と評するトラブルに巻き込まれる。

続きを読む

意外と知らない「おまわりさん」の銃。ムック『日本警察拳銃』

「おまわりさん」の拳銃。しげしげと見たことはあるだろうか?いや、無い方の方が多数だろう。だって、そんなもの見なくったって生きていける。 せいぜいが「間違い探し」の些細なピースのように、目立たないグリップをチラ見した、とい

続きを読む

別次元グリップ、ベレッタM92バーテック

ベレッタ、しかもM92。 アニメ『ブラック・ラグーン』 映画『男たちの挽歌』 ゲーム『バイオハザード』 その他「とにかくベレッタさえ出しておけばOK」な流れは、今でも止まらない。 リアルでも米軍採用というお墨付き。 みん

続きを読む

キュートな相棒、コルト25オート

トイガン界で、最近めったに見かけなくなったもの。 リボルバー、特にカート式のものなんか、顕著なんだけど、それより上の絶滅危惧種として「ポケットオート」が挙げられるだろう。 「ポケットオート」 世界一有名なスパイ、ジェーム

続きを読む

究極シングルアクションアーミー。コルト×タナカ×サンケン『バードヘッドSAA』

ピースメーカー。 またの名をSAA。 「西部を征服した銃」の二つ名にふさわしく、シリンダーがフレームに組み込まれ一体化している構造は、砂塵や泥などに抜群の耐久性能を示した。 おかげで、「中折れ式」のS&Wが、一

続きを読む

シルベスター・スタローンとM1911

君は見たか。 『ランボー ラスト・ブラッド』を! そこには、国家の思念も、陰謀も何もない! 描かれるのは、たった一人の漢の愛っ! そして、凄惨なリンチシーン! 敵にも、そしてランボー自身にも襲い掛かる容赦ない暴力。 暴力

続きを読む