次元が愛した「スナブノーズ」!? M19 2.5インチ

日本が誇る世界最強のガンマン。 ルパン三世の、いや世界最高の相棒。次元大介。腰にはもちろん、S&WM19。コンバットマグナム「4インチ」 「4インチ!?」 実は、次元大介は、2.5インチバージョンを使っていたこと

続きを読む

リーズナブル次元銃!クラウンモデル S&W M19

ガスリボルバーといえば、タナカ。そして東京マルイ。 特に、東京マルイのものは、群を抜く命中精度。そして24連発。そして何よりもそのリーズナブルな値段が売りだった。 しかし、残念ながら生産終了。 ただ、その安さに殴り込みを

続きを読む

次元の新しい相棒にはこれがイチオシ!? M19 パフォーマンスセンター K-comp

TVシリーズ『ルパン三世・プリズン・オブ・パスト』。 そして、ルパン史上発の劇場3DGCアニメ『ルパン三世・ザ・ファースト』と、今も勢いの続くルパン三世シリーズ。 そして、次元と言えば、いつもながらの伝統、すっぴんのM1

続きを読む

チーフスペシャル正統進化、S&W M360

永遠の小型護身用リボルバーの傑作、S&WM36。 冒険小説の傑作『深夜プラスワン』。アル中ガンマンハーヴェイの愛銃 映画『ダイハード』シリーズで幾度となくマクレーン刑事の危機を救ってきた名銃。 実際に、日本をは

続きを読む

さらばコクサイ。次元の愛銃よ永遠に

2018年1月31日。伝説が一つ消えた。 伝説の名は「コクサイ」。日本のトイガン史上に「リボルバーのコクサイ」として名を刻んだメーカーだ。 それが業務を停止した。 これは、数々の試行錯誤が楽しめたエアガン成長期を体験した

続きを読む

世界最高のNo.2、次元大介という男『 次元大介の墓標』

次元大介。 言わずと知れた、ルパンファミリーのNo2。そして、世界最高のNo2。と言うか、「俺の嫁」ならぬ「相棒にたい」度はぶっちぎりでトップなのではないだろうか? 破天荒なルパンを、あきれ顔を見せながらも完全サポート。

続きを読む

斜陽のコルト社とS&W社のM1911「SW1911」

世界一有名な自動拳銃。キングオブ自動拳銃と言えばなんだろうか。多くの方が想像するとおりコルト社のM1911。45オートだろう。日本ではガバメントという通名で有名だ。 なにせ、登場時の1911年から1985年まで、一世紀近

続きを読む

コルトを卒業したユージ?リボルバーを卒業したタカ? – 『あぶない刑事』最近の銃トレンド

今回は、ユージの最新銃トレンドから入る。というのは、最新作、劇場版第六作『まだまだあぶない刑事』で、ユージの銃が大幅に変わった。 というのはローマンにパイソン、そしてキングコブラと、コルトのリボルバーを愛用していたユージ

続きを読む

手の中でよみがえる記憶。あぶない刑事、鷹山の銃 – S&W M586

始まりは1986年のTVドラマ『あぶない刑事』。そして1988年の『もっとあぶない刑事』。その後次々新作が作られ、劇場版は2005年の『まだまだあぶない刑事』で6作。 そして、2016年の映画で『さらば、あぶない刑事』で

続きを読む

進撃を続ける小さな巨人 S&W チーフスペシャルとその周辺

今回はスナブノーズ・リボルバーの代名詞ともなったチーフスペシャルの話をしたい。 誰の心にも「聖域」と言うものがある。そして、ガンマニアなら、「聖銃」という領域のものがある。私の場合、スナブノーズ・リボルバーも、その一つに

続きを読む