映画とゲームの幸せな邂逅。『シルバー事件』

皆さん、覚えておいでだろうか? プレイステーション、セガサターンなど。今となっては「旧」カテゴリになる、かつての最新鋭機が華々しく輝いていた季節を。 そして、その夢の塊の中に「映画のようなゲーム」というものは、まるで大輪

Read more

時代に逆行か、最先端「ウィンチェスター」レバーアクション

「フルオート万歳!」な昨今のトイガン界。なんやかやで、レバーアクション長物は生き残っている。 「西部を開拓した銃」ウィンチェスター・ライフルが代表格だ。 銃のレシーバーの下に位置する、デカいレバーを下に引いて、装填と排莢

Read more

ショットガンスナイパー?マルゼンCA870とその周辺

マルゼンのCA870が、サバゲー愛好家たちの間で、名銃に謳われているのは揺るぎのない事実だ。 レミントンM870をイメージしてデザインされたらしいソードオフのショットガンスタイル。しかし、その下に付くボックスマガジンは、

Read more

リアルトイガンの極限、KSC

「リアル」なトイガンは? と言う問いに対しては、このメーカーを挙げられる。 KSC。名門トイガンメーカーMGCの血を引くメーカーだ。 「実銃へのこだわり」を挙げると、日本でこのメーカーの右に出るものはいない。今回はKSC

Read more

リボルバーファン必携、タナカワークスのペガサスシステム

世の中オートマテックがメインである。トイガン界も、実銃の世界も同様。しかし、少ない装弾数だからこそ、魂をかけられるリボルバーは不滅。 今回紹介するタナカは、そんな「リボルバー党」の大きな味方だ。

Read more

トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

『SF』+『ウエスタン』 語感からして、レトロフューチャーなこのガジェット。古くから『コブラ』、松本零士のSF短編群。ひょっとすると、今快調にヒットを飛ばしている『ハン・ソロ』。 なんのしがらみもない、アウトローが、「自

Read more

ミニマムな暴れん坊『イングラムM10、M11』

80年代。筋肉の鎧に身をまとい、圧倒的火力で敵を葬り去るヒーローが百花繚乱だった。 彼らの手に握られるのは、「片手で撃つことは不可能。」巨大なM60。ウージーサブマシンガン。そして、最小でもイングラムと、派手な花火を上げ

Read more

さらばコクサイ。次元の愛銃よ永遠に

2018年1月31日。伝説が一つ消えた。 伝説の名は「コクサイ」。日本のトイガン史上に「リボルバーのコクサイ」として名を刻んだメーカーだ。 それが業務を停止した。 これは、数々の試行錯誤が楽しめたエアガン成長期を体験した

Read more

世界最強のシックスガン S&W M500

30オーバー、もしくは40前後の世代。 その時代直撃な「刑事」銃と言えば? 45オート?ベレッタ?いや、そんな豆鉄砲じゃない。 男だったら「マグナム」だろう、もちろん「世界最強」の。 というわけで、『ダーティーハリー』の

Read more

愛しの刑事銃、M59とM645。オールドスタイルS&Wオート。

これぞコップ・ガン!というと何を思い浮かべるだろうか? ベレッタM92F?グロックシリーズ? 双方とも、主役格の刑事の手にしかと握られているのは確かだ。 特に、M92Fシリーズは、映画『ダイ・ハード』『リーサルウェポン』

Read more