物語、語る銃。YURI CUSTOM WORKS

小道具は、世界観どころか、その使い手の性格まで物語る。特に、「自分の命をかける武器」なら。 例えば、永遠の名作冒険小説、『深夜プラスワン』 アル中のガンマン、ハーヴェイの愛銃は、M36チーフスペシャル。相方のルイスは「五

続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E. と元ネタ、0011ナポレオン・ソロ

2015年に公開された『コードネーム・U・N・C・L・E』。米タイム誌ではその年の映画トップ10にも選ばれた。007シリーズをしのぐ面白さ、との噂もあったが皆さんはどうご覧になっただろうか。 アメリカNo1のスパイと、ロ

続きを読む

コミックにしてロック! – ハヤシエリ氏のROCKな世界!

さて。前々から、ピクシブで気になった漫画を時々紹介している。マスメディア、そしてPIXIVの「マンガ特集」まで。そのアンテナから漏らしているが、面白いマンガは確実に存在する。 表現者の血がひしひしと感じられるもの。触った

続きを読む

コルトを卒業したユージ?リボルバーを卒業したタカ? – 『あぶない刑事』最近の銃トレンド

今回は、ユージの最新銃トレンドから入る。というのは、最新作、劇場版第六作『まだまだあぶない刑事』で、ユージの銃が大幅に変わった。 というのはローマンにパイソン、そしてキングコブラと、コルトのリボルバーを愛用していたユージ

続きを読む

ユージの右手のカノジョ。その変遷 -『あぶない刑事』ユージの愛銃編

お騒がせの『あぶない刑事』劇場版が、2015年に満を持して出現。しかも、タイトルは『さらば、あぶない刑事』。つまり、最終回か!?というわけで、今回も、またまたあぶない刑事、今度はユージ編としゃれこもう。 タカさんとくれば

続きを読む

手の中でよみがえる記憶。あぶない刑事、鷹山の銃 – S&W M586

始まりは1986年のTVドラマ『あぶない刑事』。そして1988年の『もっとあぶない刑事』。その後次々新作が作られ、劇場版は2005年の『まだまだあぶない刑事』で6作。 そして、2016年の映画で『さらば、あぶない刑事』で

続きを読む

心のルパンストーリーに、もう1ページ – ルパン三世ゲームブック

去る2015年1月1日から、宝塚版ルパン三世がが上演されていたそうだ。 『ルパン三世 ―王妃の首飾りを追え!―』『ファンシー・ガイ!』 また同じ2015年1月には「金曜ロードSHOW!ルパン祭り」、と年始からルパン三世で

続きを読む

今時のマグナム – IMI デザートイーグル

「マグナム」というと、連想する銃で、はっきりとおっさんか、そうでないか分かってしまうのではないだろうか。70年代、ガキ世代だったおっさんなら、バカでかいリボルバー。そして今の世代なら、オートマテック・マグナムの『デザート

続きを読む

進撃を続ける小さな巨人 S&W チーフスペシャルとその周辺

今回はスナブノーズ・リボルバーの代名詞ともなったチーフスペシャルの話をしたい。 誰の心にも「聖域」と言うものがある。そして、ガンマニアなら、「聖銃」という領域のものがある。私の場合、スナブノーズ・リボルバーも、その一つに

続きを読む

クラシカルメカニカル – 今時の中折れ式リボルバー事情

前回から引き続いて、中折れ式リボルバーの話だ。というのは、エアガン界でも、なんと2013年、中折れ式リボルバーが発売されたのだ。しかも、業界初の「中折れ式」リボルバーとして! このような酔狂なことが許されるのも、一つは銃

続きを読む