『キノの銃』パースエイダー・カノンと西部劇の顔役コルトM1851

『キノの旅』という作品は、ご存知の方も多いだろう。 一説だと、今のライトノベルの流行り「寓話的な異世界物語」のさきがけとも言われる当作品。 820万部も売上を叩き出し、アニメ、ゲーム化もされている電撃文庫のドル箱だ。 ま

続きを読む

次元大介特選オート。シグ・ザウエルP229

2019年1月に放送されたルパン三世TVスペシャル『グッバイ・パートナー』。 後半のド級の展開に加えて、今回は「次元が裏切る」という前代未聞の事件が起きた。それを暗喩するように、次元の手に握られていたのは、「リボルバー」

続きを読む

リーズナブルに手に入る「シティハンター」冴羽 獠の愛銃 – クラウン・パイソン

TMネットワーク渾身の主題歌、『GET WILD』を引っ提げて、『シティハンター』が帰ってきた。 しかも、劇場版。その名も『新宿プライベート・アイズ』だ! もちろん、ストーリーも完全新作! 今回も、もちろん美女。そしてド

続きを読む

トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

『SF』+『ウエスタン』 語感からして、レトロフューチャーなこのガジェット。古くから『コブラ』、松本零士のSF短編群。ひょっとすると、今快調にヒットを飛ばしている『ハン・ソロ』。 なんのしがらみもない、アウトローが、「自

続きを読む

昭和レトロ。日活コルトことコルト32オート

コルトM1903。コルト32オートのほうが通りが良いだろうか。かつて、アメリカでM1911に次いで売れた銃だ。 あの銃器設計の天才、ジョン・ブローニングの設計。コルトM1911も、ブローニング1910も、この銃がご先祖様

続きを読む

甦るノワール「91Days」- ハードボイルド、そしてトンプソンとM1911

「ハードボイルド」は、「男のハーレクイン・ロマンス」 誰がか評したこの言葉。実際、日本を代表するハードボイルド作家も、ハードボイルドの代名詞である、探偵、フィリップ・マーロウをこう述べ切った。 「女々しい男」 非情な世界

続きを読む

なぜゴルゴはかの銃を選んだか?AK-47 vs M16

小銃。アサルトライフルといえば、真っ先に思いつくのはなんだろうか?ここでガーランドとかシュマイザーとーか挙げる方は、まずおるまい。やはり、M16とAK-47・カラシニコフだろう。 アサルトライフルのアイコンとも呼べるこの

続きを読む

ベレッタM92Fを伝説にしたストーリー

外見より中身、男、いや、女ならハートで勝負! 時々耳にする言葉かもしれない。しかし、スタイルがスペックを上回るといったこともままある。その良い例がベレッタM92Fだ。

続きを読む

子どものためのアダルト本!?双葉社ジュニア文庫『ルパン三世』

あなたは『ルパン三世』をご存知だろうか? もちろん、こんな記事を読んでいる時点で、ルパン三世を知らない、とは予想しがたい。 が、もしあなたがルパン初心者なら、福音となる一本が出た。 ルパン三世 五右ェ門登場編、双葉社ジュ

続きを読む

Cz75とガスガン、そしてCz75にまつわる中二病

君の青春にCz75はあったか!? 日本を代表するガン(銃)の第一人者、イチロー・ナガタ。そして、45オートの神様、ジェフ・クーパーでさえ、「最高のコンバットオート」として賞賛を惜しまなかったかの銃。 実際にジェリコ941

続きを読む