次元が愛した「スナブノーズ」!? M19 2.5インチ

日本が誇る世界最強のガンマン。 ルパン三世の、いや世界最高の相棒。次元大介。腰にはもちろん、S&WM19。コンバットマグナム「4インチ」 「4インチ!?」 実は、次元大介は、2.5インチバージョンを使っていたこと

続きを読む

45オートの伝道師。探偵マイク・ハマーと、その周辺。

100パーセント純なアメリカ生まれのハードボイルド。タフガイの主人公に欠かせないのは、美女。そして、何より確かになる「カノジョ」 コルト・45オートだ。 そして、「ハードボイルド」=「45オート」を決定づけたのが、『マイ

続きを読む

S&W M19 + Colt Python = スマイソン。そして『ジャングルの儀式』

「スマイソン」あるいは「スモルト」という銃の名をご存知な方はそう多くないかもしれない。 S&W357マグナムの本体に、パイソンの銃身を付けたものだ。 異質なもの同士なのに、これがすさまじく美しい。 「丹精込めて

続きを読む

『キノの銃』パースエイダー・カノンと西部劇の顔役コルトM1851

『キノの旅』という作品は、ご存知の方も多いだろう。 一説だと、今のライトノベルの流行り「寓話的な異世界物語」のさきがけとも言われる当作品。 820万部も売上を叩き出し、アニメ、ゲーム化もされている電撃文庫のドル箱だ。 ま

続きを読む

ブラックホークは昭和の香り。『ドーベルマン刑事』

スタームルガー・ニュースーパー・ブラックホーク。 「西部を征服した銃」。アメリカを代表する銃である、コルト・シングルアクション・アーミーの進化した形。 まず「男だったらタダの拳銃弾には興味ありません」とばかりに、マグナム

続きを読む

トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

『SF』+『ウエスタン』 語感からして、レトロフューチャーなこのガジェット。古くから『コブラ』、松本零士のSF短編群。ひょっとすると、今快調にヒットを飛ばしている『ハン・ソロ』。 なんのしがらみもない、アウトローが、「自

続きを読む

「押井守はこう考える」最新にて総括!『凡人として生きるということ。』

今やかの人が監督した『攻殻機動隊』がハリウッド実写化。 すっかりジャパニメーションを代表する第一人者となった押井氏。 実は、文筆業の方もますます盛んになっている。 特に、そのエッセイ。 『世界の半分を怒らせる』(幻冬舎)

続きを読む

世界最強のシックスガン S&W M500

30オーバー、もしくは40前後の世代。 その時代直撃な「刑事」銃と言えば? 45オート?ベレッタ?いや、そんな豆鉄砲じゃない。 男だったら「マグナム」だろう、もちろん「世界最強」の。 というわけで、『ダーティーハリー』の

続きを読む

不滅のリボルバー S&W M10

「永遠の名銃とは何か? 」 その問いに対して、こう答える方は多いのではないだろうか。 「コルトM1911」 コルト45オート。ガバメントなど、様々な通り名を受けるかの銃。しかも、いまなお進化を続けている。文字通りに191

続きを読む

なぜゴルゴはかの銃を選んだか?AK-47 vs M16

小銃。アサルトライフルといえば、真っ先に思いつくのはなんだろうか?ここでガーランドとかシュマイザーとーか挙げる方は、まずおるまい。やはり、M16とAK-47・カラシニコフだろう。 アサルトライフルのアイコンとも呼べるこの

続きを読む