トライガン『ヴァッシュの銃』-「ヒーロー」銃、ウォーターガンでついに登場

『SF』+『ウエスタン』 語感からして、レトロフューチャーなこのガジェット。古くから『コブラ』、松本零士のSF短編群。ひょっとすると、今快調にヒットを飛ばしている『ハン・ソロ』。 なんのしがらみもない、アウトローが、「自

Read more

「押井守はこう考える」最新にて総括!『凡人として生きるということ。』

今やかの人が監督した『攻殻機動隊』がハリウッド実写化。 すっかりジャパニメーションを代表する第一人者となった押井氏。 実は、文筆業の方もますます盛んになっている。 特に、そのエッセイ。 『世界の半分を怒らせる』(幻冬舎)

Read more

世界最強のシックスガン S&W M500

30オーバー、もしくは40前後の世代。 その時代直撃な「刑事」銃と言えば? 45オート?ベレッタ?いや、そんな豆鉄砲じゃない。 男だったら「マグナム」だろう、もちろん「世界最強」の。 というわけで、『ダーティーハリー』の

Read more

不滅のリボルバー S&W M10

「永遠の名銃とは何か? 」 その問いに対して、こう答える方は多いのではないだろうか。 「コルトM1911」 コルト45オート。ガバメントなど、様々な通り名を受けるかの銃。しかも、いまなお進化を続けている。文字通りに191

Read more

なぜゴルゴはかの銃を選んだか?AK-47 vs M16

小銃。アサルトライフルといえば、真っ先に思いつくのはなんだろうか?ここでガーランドとかシュマイザーとーか挙げる方は、まずおるまい。やはり、M16とAK-47・カラシニコフだろう。 アサルトライフルのアイコンとも呼べるこの

Read more

子どものためのアダルト本!?双葉社ジュニア文庫『ルパン三世』

あなたは『ルパン三世』をご存知だろうか? もちろん、こんな記事を読んでいる時点で、ルパン三世を知らない、とは予想しがたい。 が、もしあなたがルパン初心者なら、福音となる一本が出た。 ルパン三世 五右ェ門登場編、双葉社ジュ

Read more

Cz75とガスガン、そしてCz75にまつわる中二病

君の青春にCz75はあったか!? 日本を代表するガン(銃)の第一人者、イチロー・ナガタ。そして、45オートの神様、ジェフ・クーパーでさえ、「最高のコンバットオート」として賞賛を惜しまなかったかの銃。 実際にジェリコ941

Read more

猫が演じるハードボイルド『ルドルフとイッパイアッテナ』

かの、モハメド・アリは言った。 「友情なんか学校で教えてくれるもんじゃない。だけど、それを知らなければ、何一つ学ばなかったのと同じだ。」 私も声を大にして言いたい。 「座右の本は、だけも教えてくれない。だけど、それを知ら

Read more

ポスト『カウボーイビバップ』か!?バンド・デシネ作品『ブラック・サッド』

1950年代に、映画界に颯爽と現れた新しい波「ヌーベルバーグ」。ジャン・リュック・ゴダール監督を代表とするそのうねり。今までとは一味も二味も違う映画を生み出してやろう、という若い監督たちの熱気は、「ヌーベルバーグ」=「新

Read more

「違いのわかる男」に!『モデルガン女子』

最近、ひそかにモデルガンが盛り上がっている。 ルガーP08の原型となったボーチャード・ピストル。「スーサイド・ナンブ」などという不名誉な名前を付けられた九十四年式拳銃。単発しか撃てない必殺のレジスタンス兵器「リベレーター

Read more