カウボーイ・ビバップの銃を手に – ジェリコ941とグロッグ30

カウボーイ・ビバップといえば菅野よう子作曲の音楽、特徴的な宇宙船、と多くの魅力がある。 そして、小物として銃のチョイスも素晴らしい。スパイク・スビーゲルの「ジェリコ941」、フェイ・ヴァレンタインの「グロッグ30」、ジェ

Read more

Cz75伝説の正統後継者 – Cz P-09

銃というのは、一つのアイコンだと思う。 例えば、ルパン三世におけるワルサーP38、ゴルゴ13におけるM16。例えばハードボイルド小説で、ただ「銃」というよりも「ナンタラカンタラマグナム」と名を挙げてあるだけで、全然雰囲気

Read more

鬼切り夜鳥子と俺の屍を超えていけ2

さて、今年、2014年の夏、いよいよ発売された『俺の屍を超えていけ2』みんなはやっただろうか? 私は桝田省治が大好きだ。「え?それなら桃太郎伝説シリーズから始まって、メタルマックス云々とかも、もちろんやってるだろうね。」

Read more

ワルサーPPK/S – ワルサー社のもう一つの雄

ワルサー社のもう一つの雄、ワルサーPPK/S。 PPK/Sというのは、PPKのグリップを伸ばしたもので・・・そもそも、近代ダブルアクションオートの祖になるPPシリーズの末裔・・・。などど野暮な説明をするのはなしにしよう。

Read more

ワルサー社の現在のハンドガンの主役 – ワルサーP99

1980年代中盤のグロッグの大ヒットによって、軽くて丈夫、なおかつ低コストなポリマー・フレーム・オートが一躍脚光を浴びることとなった。 おかげで、各社一斉にポリマー・フレームの銃を作り出した。P99も、そんなブームの中、

Read more

感性に訴える、ワルサーP38

感性に訴える、それがワルサーP38。 さて、ワルサーP38の話をするとなると、だ。 「ポルシェを語るのは難しい。ポルシェについて語ることはたくさんある。しかし、話し始めると、それはポルシェについてではなくなる」 というこ

Read more