「中折れ式」という快楽 – エンフィールドとその周辺

リボルバーの魅力は、「クラシカルな美学」というものがある。 「マシンガン並に撃てる多弾数オートが幅を利かせる中で、六連発」というか、「やっぱりいちいちシリンダー出して、一発ずつ弾を込める、あの感覚がたまらない。」というか

続きを読む

新しい年を懐かしいゲームで – その2 『天外魔境カレンダー』

さてさて、怒涛のように押しかけている年末。クリスマスに大晦日、元旦という強力なイベントがすし詰め!そして、年の終わり・・・来年の準備とくると、「新しいカレンダー」の出番だっ! とくに、幼少のみぎり、君の心をつかんで離さな

続きを読む

新しい年を懐かしいゲームで – その1 『サムライスピリッツカレンダー』

さて。最近のゲーム雑誌、ネット、はてはテレビCMでバンバン「ゲーム」が宣伝されている。 しかし・・・なんか「疲れね?」私なんか、毎月毎月紙面をにぎやかにする・・・。毎月発売される「ゲーム」には、ついていけない。 確かに、

続きを読む

小粒でもピリリとおいしいブロック – ナノブロック

最近、ナノブロックが元気いい。 ナノブロックって、何?っておっしゃる方。しかし、感のいい方はわかるだろう。幼少のみぎり、幼稚園、保育園、そしてご家庭で必ずお世話になった、ブロック玩具。 あれだ。 しかし、ナノブロックは一

続きを読む

『ダーティー・ハリー』とマグナムシンドローム – 銀幕のマグナムとのその周辺

「ダーティー・ハリーと、そのマグナム」が引き起こしたマグナム・ブームは、止まるところを知らなかった。マグナムを抱えた名物刑事、ヒーローの図は、様々な形でオマージュされた。 とりわけ有名なのが、チャールズ・ブロンソン主演の

続きを読む

「俺が今、六発撃ったか、五発か・・・。」 ダーティ・ハリーとその愛銃たち

今やすっかり、「マグナム」と言えば、デザートイーグルの図式が出来上がっている。あるいは、大ヒットしたホラー・ゲーム『バイオハザード』シリーズの最終兵器か? しかし、「ヒーロー」=「マグナム」の図式を作ったのは、やはりクリ

続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 グイード・ミスタの銃の正体は?

名ガンマンと言うと、誰を思い出すだろうか。 ワイアット・アープ、クリント・イーストウッド演の『名無しのガンマン』、ルパン直撃世代なら次元大介、あるいはシティーハンター。 こんな記事を見ていただいている皆様ならば、各自心に

続きを読む

特撮リバイバルの今だからっ!『科学少女 サイバリアン』

最近特撮のリバイバルブームが激しい。その皮切りとなったのが、80年代の筆頭ヒーロー、銀色の甲冑に身を包んだ、メタルヒーローという概念を作った「宇宙刑事ギャバン」 それが、2012年のスーパー戦隊『海賊戦隊ゴーカイジャー』

続きを読む

リボルバーは電気羊の夢を見るか? – マテバ M-M2007

今もっとも日本ではやっているサイバーパンク、と言えば、やはり『攻殻機動隊』だ。 士郎正宗原作によるこの漫画は、鬼才映画監督、押井守の手によって、1995年に映画化される。そして、たちまちアメリカでビルボード誌のビデオ週間

続きを読む

ルパン三世の車についてのアレコレ。新・旧フィアット500

2014年に公開された、実写版映画『ルパン三世』。評価は様々だったが、娯楽映画としては楽しめたと思っている。 内容はさておき、『映画泥棒』とタイアップしたり、宣伝、アトラクションは多彩だった。特に、ルパンの愛車、旧フィア

続きを読む